Predicting Psychotherapy Dropouts: A Multilevel Approach

Kegel. A.F., Fluckiger C. Clin. Psychol. Psychother. 22,377-386. 2015

カウンセリング(サイコセラピー)は、11から21回受けることで効果が出てくる、という報告があります(Lambert,2007)。

5,6回ではほとんど効果が出ないことが10年前に分かっているのですね。

したがって、早い段階でカウンセリングをやめてしまうことは、できるだけ避けたいのです。

この研究は、早期にカウンセリングをやめてしまう人に関して、このような仮説を立てています。

結果はどうだったのでしょうか?

(1)自己効力感を感じる体験(2)マスタリー体験(3)何かが明確になったという体験(4)セラピストと一緒にやっているという感覚がそれぞれ、1回ごとのカウンセリングで低いのではないか?